キャリア磨きNOTE

~介護のシゴトを極めよう~

認定介護福祉士が設けられた背景

介護業界では人材の確保が最優先される傾向がありましたが、徐々に制度を整えることによって高い水準の介護を実現できるように取り計らわれるようになってきました。

国が主導して介護保険制度の改正が繰り返されていることに加えて、介護福祉士の資格の受験資格などにも重みが付けられてきています。そして、その上位資格として認定介護福祉士が設置されたことにより明らかな階層性が介護業界の中に生まれました。

資格のない人は介護職員初任者研修を受け、さらに次には実務者研修の受講をし、介護福祉士の資格を取得するというキャリアパスが明確化されたのです。そして、その中からさらに介護業界のリーダーとしての資質がある人を認定介護福祉士として位置付け、介護業界を牽引する人材になってもらうという体制ができてきています。

そのため、介護業界で働こうと考えている人は、キャリアパスのどの段階まで進むかを考えなければなりません。業界を牽引して介護を全般的に充実させていきたいという気概の高い人は、認定介護福祉士を目指すのが最適でしょう。

もし現場のリーダーとして活躍できるレベルの介護スタッフになりたいと考えるなら、最低でも介護福祉士になることが重要です。資格を持つことで、必然的に現場でリーダーのポジションにつれていかれるはずです。

このような形で役割が線引された影響により、現場でキャリアアップを図りたい人たちは、必要に応じて知識や技術だけでなくリーダーとしての資質も育んでいくことが必要になってきているのが現状です。